2018年09月26日

「外遊びの重要性」

今日は、松山市からNPO法人みんなダイスキ松山冒険遊び場の山本良子さんをお迎えし、お話会を開催しました。普段久万高原町に住んでいると気づかないことばかり!
山本さんのお話を聞き、改めて気づかされたことがいっぱいあったので、ブログでご紹介します。
IMG_4332.JPG

講師の山本さんは4名のお子さんをお持ちで、子育てをされているとき、今の子どもの育ちに“違和感”を感じたそう。そこか勉強され、保育士の資格を取得されたそうです。
その後、松山市でH18年から冒険遊び場(プレーパーク)活動を始められ、キャンプや森のようちえんなど様々な活動を展開させながら、自然体験を通してたくさんの子どもたちの育ちを見守ってこられました。

冒険遊び場(プレーパーク)とは・・・

全国で400か所以上あり、行政との協働運営で活動しているところもあり、冒険遊び場(プレーパーク)の必要性は高まっているそうです。
冒険遊び場は、子どもが「遊び」を作る場
火を使ったり、穴を掘ったり、木に登ったり、何かものを作ったり・・・・自分の「やってみたいと思うこと」を実現していく場所
禁止するのではなくいっしょに考えてやってみること、アイディアをカタチにし、あそびを変化させながらのびのびと思い切り遊ぶことができ、子どもの生きる力を育む要素がいっぱい!!!

NPO法人みんなダイスキ冒険遊び場では、松山市では定期的にプレーパークを開催されています。今年度からは久万高原町の由良野の森でも開催しているそうなのでご興味のある方は是非、お問い合わせ下さい♪


Q・東京の都心の高層マンション最上階で家庭教師付きで勉強している子どもと久万高原町に住む子どもどちらの子どもがよく勉強をできるでしょうか?

東京の都心高層マンションに住む子どもは、窓を開ける事のできない高層階で空調管理のされた室内空間で過ごすことばかりで、身体感覚が育ち辛く、風を感じたり、暑いや寒いの気温差、四季の移ろいを感じることもないそう。
外に出るのが面倒になり、限られた室内だけで過ごす子どもは外の世界が広がらず実体験が乏しく
土や水に触れたり、砂場遊びなどもしたことがないため、「集める=足すこと」のような数学的概念が実体験と経験していないため、算数の足し算の「足す」「引く」のイメージが繋がりにくくなるそう。
IHで育つ子どもたちは「火」を見たことがなく、体験・経験から育つ様々な身体感覚の発達が乏しくなっているそうです。

それによって、前頭葉が育っていない子どもも増えているそう。
 前頭葉=思考・自発性・やる気・感情・情動を司る分野で、子どもから大人になる過程で発達していき、感情を抑制したり幼稚さから思慮深く抑制できるようになる分野

A.あるサイトの情報によるとタワーマンションの高層階に住む子どもの成績は低迷しているそう。久万高原の子どもたちは自然豊かな四季を感じ、外でのびのび遊べる環境が十分にあり、タワーマンションの子どもより学力が伸びる要素が大きいそうです。
小学校3年生までは、久万高原の自然を感じて思い切り外で遊ぶことが、学力と共に生きる力を高めていくことにつながるとのことなので、積極的に外で遊びましょう♪

IMG_4333.JPG
子どもは常に同じことではなく、変化し続ける遊びを好みます。
「土」「水」「火」は変化させることができる最高の遊び道具
   ↓
 外遊び=生きる力のある子どもを育むために大切なこと

 <外遊びのメリット>
●脳(前頭葉)の成長を促す
●意欲・集中力・空間認識力が育つ
●気持ちいいという感覚や自然に感謝する気持ちが育まれる
●コミュニケーション能力が向上する
●自己肯定感が育つ
  ↓
人間として生きるための根っこが育つ
  ↓
学ぶことの面白さを感じる=学力の向上

<遊びによって、子どもが自己肯定感を育んでいくためにお母さんにできること>

●「やってみたい!」にチャレンジできる環境を整える
●怒らずにやらせてあげられる環境を整える
●怒りすぎない。気になることは1個ずつ丁寧に伝える
●手を出しすぎず、過保護にしない。失敗経験も大切にする
●いろんな大人に関わってもらいながら子育てをする


一番大切なことは
手作りご飯とお母さんの笑顔(*^-^*)
どんな子どももお母さんのことが大好き!
お母さんが笑顔なら子どもは幸せ!
お母さんとのスキンシップやふれあいがとっても大切!
IMG_4334.JPG
1時間という限られた時間でしたが、子育てにプラスになるお話をたくさん聞かせていただきました。

私が一番印象に残っているのは
大人の流れている時間と子どもの流れている時間は違う
ということ。

ついつい、大人時間に子どもを合わせようとしてしまうけれど、一日に一回でもいいから、子どもの子ども時間に寄り添って、子どもと目線を合わせ、心を寄り添って過ごす時間を作ろうと思いました。

いろんな方にもお知らせしたいお話だったので、今日のブログは長くなりましたが読んで下さった皆様ありがとうございました。
講師の山本さん、ご参加下さった皆様ありがとうございました。

また、明日からも笑って子どもと過ごしましょう♪
posted by mothergoosenokai at 23:30| 広場の様子